病院

腰痛は身体の不調が原因|医師と一緒に治療しましょう

健診と生活改善が効果的

看護師

定期的な乳がん検診は不可欠です。触診後は超音波検査とレントゲン検査があります。どちらも良い点があるので両方受けたり交互に受けたりと工夫して受けると良いです。月に一度の自己チェックもすると異変に気が付き易くなります。人気の和食やウォーキングなどは乳がん予防にもなります。毎日の習慣にすると良いでしょう。

» 詳細へ

がん治療と免疫系

自然

樹状細胞療法の特徴は特性の高い免疫系を利用しているということであり、がん細胞と正常細胞を区別して免疫系に攻撃させることができます。まだ発展途上にある技術であり、今後は治療過程の効率化によって簡便に応用できる技術となるでしょう。

» 詳細へ

自己免疫細胞でガンを退治

女性

NK細胞療法は自己の免疫細胞を取り出して増殖させ、体内へ戻すガンの治療法で、副作用が少なく体への負担が小さいという特徴があります。手術や放射線療法と組み合わせて、さらに治療効果を高めることも可能です。

» 詳細へ

更年期と腰の痛みの関係性

	医者

更年期と腰の痛みの関係性

女性は平均的に45歳から55歳の間に閉経を迎えますが、その間、女性ホルモンの分泌量が低下するため、自律神経のバランスを乱しやすくなります。その時に発生する様々な身体トラブルを、更年期障害と呼びます。更年期の症状には個人差がありますが、自律神経失調症や鬱病の症状を呈する人もおり、それらの症状を総じて更年期障害と呼びます。更年期障害は女性のみならず、男性や若者にも起こる症状で、それぞれ加齢やストレスから来るホルモンバランスの乱れが原因とされています。更年期には様々な症状が見られるようになりますが、その中の1つとして腰痛があります。腰痛は特に閉経期の女性に見られる症状で、原因不明の場合は更年期障害の症状と考えることが出来ます。

更年期障害の治療が最優先

閉経期の症状としての腰痛を改善するためには、更年期障害の治療をすることが最優先となります。主な治療法としては、ホルモン治療と生活改善が挙げられます。ホルモン治療の場合は、投薬や塗り薬、貼り薬などを利用して、女性の場合は女性ホルモンであるエストロゲンの補充を行います。男性の場合は、同様の方法で男性ホルモンであるテストステロンの補充を行います。生活改善に関しては、症状を忘れるような生活を心がけることです。充実した生活を送るために、適度な運動で腰回りの筋肉を鍛え腰痛防止を意識したり、人間関係を楽しむ心の余裕を持ちましょう。更年期は10年程度も続くため、治療は長丁場を覚悟で行う必要がありますが、症状が辛いときは、医師に相談の上で、鎮痛剤を飲むなどの工夫も必要です。